お蔭を頂きました。

「高松・讃岐散策」頼藤直秀

私の息子は、交通事故に遭いその精密検査の際に
脳に腫瘍があるのが見つかりました。

自覚症状もなく、ただ事故の検査でその様な病気が発覚するとは

本人はもとより、私共も大変驚きました。

大学に入学し夢と希望に満ちたそんな時の出来事・・・

その時、直秀先生のブログを拝見して
心からおすがりしたいと思いご連絡致しました。

病院の先生にもおすがりしていますが
目には見えない大きな力におすがりしたいと言う
気持ちが本人を含め私たち夫婦にも湧いてきました。

不思議な事に息子も先生のブログを以前拝見した事があったみたいで
すぐに連絡をしてお参りに行きました。


そして、私はまず息子の病気平癒をお願い致しましたが
龍神不動明王様のお言葉は
不動明王の頭を軽くせよ・・・との御告げでした。
そして、先祖が修験道の行者であった事もわかりました。

私ども先生に指摘されるまで家の不動明王の存在すら
忘れてしまっていました。

そういえば、私の家にも曽祖父の代から不動明王様が祀ってありました。
物置には、昔の仏具のようなもの(今思えば先生が使っている様な道具)なども
有った様な気がします。
しかし、私どもの代になってあまり真剣に祈った事はなくまた、興味もなく
お粗末な事に、ほこりをかぶたような状態で神棚におられました。

帰って神棚の不動明王の厨子を開いてみると
言われた通り、ほこりと、虫のフンがいっぱいでした。

そして、お掃除をして先生に言われた通りお清めしました。

今回の、息子の病気をが発覚し先生に出会えて
思い出した有り様です。

言い訳になりますが、仕事が忙しく神棚の掃除も
何十年もそのままに、お正月にお供えをするぐらい
そんな状態でした。

その後、息子の病気平癒の祈祷をして頂きました。

先生のご祈祷は、ただ拝むだけでなく色んなお話
私たちに忘れかけていた事・・・色んな事を思い出させて頂く
機会を与えて頂きました。

不思議な事に、初期の発見であり早期の治療で完治致しました。
今は、普通に大学生活を送っています。
本当にお蔭を頂きました。

次回は、私の家にお祀りしてあるお不動様のご祈祷を
そして、先祖祀りの祭事をして頂き、
お祀りの仕方など詳しく教えて頂きたいと思います。


本当にこの仏縁に感謝し龍神不動明王の慈悲の力を
痛感致しました。
有難うございました。



男性49歳 息子20歳