「お蔭は雨のように」タツ子でございます。

「どうぞ、どうぞ おはいりくださいな。」タツ子の部屋へ

今日は、龍神不動明王様のお言葉をお聞かせしましょう。

「仲良し地蔵」頼藤直秀
「同じ神仏を信仰するものは、
     他人の幸せは我が幸せと思え


直秀先生の元、龍神不動明王様にお願いに訪れる方は、
悩みや問題を持った方がおいでなものでな。

中には、“人の不幸は蜜の味”といって
それでもえてして、他の人が幸せになっていき出すと面白くなくなる。わけじゃ
そうするうちにな、己の体調までもが悪うなっていくー
はたまた、家族にも不運と言える事態が増えてくる。。
困ったもんじゃわなぁ。

困った人が良ーなったら面白ぅないということは、つまり、
自分よりも相手を下に見てしもうとるわけじゃな。

こうなると、己に陰が溜ってくる。と言われとる。

せっかく龍神不動明王様から、いいお蔭(かげ)をいただいておるんじゃから、
気持ちよく幸せを喜んであげるようにならにゃならんなぁ。

じゃがな、人の幸せを願うことは、こころの奥では否定したくなる者もおる。
これが今日、宛てた神様からのお言葉なんじゃがー、

そのような気持ちを知っての者は、
あることが足りないから、不運な状態が起るということを覚えておいてほしい。

「しっかり、手を合わせて願うこと」


忘れとりゃしませんかな?
自分が神様になってしまったらお蔭はいただけんからな。

龍神不動明王様は皆さんに、
お蔭を雨のようにくださるからの。

私もこうして直秀先生、龍神不動明王様のおひざ元で教えてもろうたんじゃ。

タツ子としたことが、今日は、お説法してしまったわな。(笑)
失礼しました〜。

また、裏話を教えてあげるけんな。
また寄ってくださいな。

タツ子