厄難消除の祈祷祭・・・9月縁日

 

「龍神縁日護摩焚き」頼藤直秀

龍神不動尊 厄難消除の祈祷祭

■9月ご案内について詳しくは
→こちら


龍神不動尊9月の縁日は
9月1日(土曜日)午後1時30分より
龍神不動尊にて行います。
(当日は皆さまに、開運のご浄砂をお授け致します)

9月15日(土曜日)は招福開運の
弁財寶天女尊大祭を午後13時30分より
龍神不動尊にて行います。




占い、神ごとでは正、五、九の月は一年で
最も大切な月です。


不思議な事にこの月に祈願した事
成就が早いとも言われています。


特に良縁祈願、子授け、安産祈願、商売繁盛などは
絶大なお蔭が龍神不動明王から頂けます。

当日は、線香護摩祈祷を行い皆様の心願成就を願います。



頼藤直秀

どなた様もご自由にご参拝下さい。


■正、五、九月の意味について一言■

神ごとでは、
正、五、九(しょう、ご、く)と言って非常に
重要な月であると言われています。

また、金神さまと言って土地を守って頂いている
神様がおられます。
荒々しい神様ですが、一家の者を何事も
無いようにと日々見守っておられる神様です。


「高野山にて」頼藤直秀

このような月に土地の神、金神様に
手を合わせ日々のお礼を言う事も必要ですね。

その神様は家の屋敷をぐるぐる巡られています。
巡り金神、屋敷金神とも言われます。
(地方、習慣によっても違いがあるかも知れません)


一月は北、二月は東、三月は南、四月は西
五月は北、六月は東、七月は南、八月は西
九月は北、十月は東、十一月は南、十二月は西
このように、巡られておられます。

上に書いたように、一月、五月、九月は
北の位置に金神様がおられます。
また、北に位置する時は始まりの月
という考え方もあります。


前月までの、厄難、悲しかった出来事
この九月でリセットして後に引かないよう
新たな、出発をしましょう。

「さわさわ」頼藤直秀

まだ、残暑厳しい毎日ですが
龍神不動明王に今年最後のリセットの月
新たな気持ちでお願いしましょう。
きっと、新しい始まりがある事でしょう。



合掌


■幸せの見立てについて詳しくは→こちら
(祈願、祈祷のご予約も下記にお願い致します。)

■場所:「縁庵(ゆくりあん)」龍神不動尊⇒MAP
「幸せの見立て ルーム」龍神不動尊 ?藤直秀

※お見立ては、ご予約制になっております。
 お見立て料(観定)15000円(お一人様90分)
電話 090-1688-3383
メール jikisyuu@docomo.ne.jp



■神棚についてのご相談は無料にて行っております。
 お気軽にご相談ください。
 自宅のパワースポット神棚について詳しくは
→こちら
 出来ましたら上記までメールにてお願い致します。
 また、対面でのご相談も受け付けております。
 完全予約制ですのでメールにてご予約ください。







神秘の導き 灯ろう祈願祭

燈籠祈願祭 頼藤直秀

灯ろう祈願祭開催

■日時:8月18日(土曜日)
    午後13時30分より
■場所:龍神不動尊において行います。
(灯ろうの奉納されていない方もどなたでもご自由にご参拝下さい。)

■当日は、灯ろう祈願祭のお接待として
 龍神不動明王導きストラップを差し上げます。


■灯ろう祈願祭
とは、龍神不動明王の祭壇の前に
 多くの祈願灯ろうを並べて
 あなたの心願成就を祈念するお祭りです。

この日は八月十八日
末広がりの縁起の良い日柄です。

色とりどりの灯ろう、走馬灯の美しさ
涼やかさを感る美しい絵柄
その、1つ1つにあなたの
心からなる願い、思いを込めて・・・


フラワーアレンジ 頼藤直秀

■灯ろう祈願祭開催の不思議なご縁の話■

ある方の祈祷を行っている時の事です。
龍神不動明王から、お告げを頂きました。

足元を照らしなさい
進むべき道を指し示してやる・・・との言葉


そして考えた結果、お盆の時期
お盆提灯が目に入りました。

これは、先祖供養の為に奉納された品でしたが
この灯ろうで足元を照らしてもらう・・・

この事が龍神不動明王のお考えであったのかな・・・

そう思い今回初めて灯ろう祈願祭を行う運びとなりました。

燈籠祈願祭 頼藤直秀

良縁祈願、金運向上、事業繁栄、病気平癒・・・
先祖供養、水子供養・・・願い、祈りは様々です。


あなたの、願いを込め灯ろう奉納ください。
今の時期は、お盆提灯をお店で売っています。
自分
みの柄などを購入して頂いて奉納頂きます。

そして、龍神不動尊まで持参頂くか、お送りください。

■祈願料は五千円です。
(提灯に祈願料五千円を添えて奉納ください)

■奉納頂いた灯籠は皆さまの願いを込めて
 後日、お焚き上げ供養致します。


7月1日から9月15日までお祭りして
日々、祈願の祈祷を致します。


龍神不動明王の足元を照らし
自分を進むべき方向に導いて頂ける
そして、自分の努力を怠らず、時に、迷ったら
きっと行く道を示し導いてくれる

龍神不動明王のお力を信じて下さい。

合掌

■場所:「縁庵(ゆくりあん)」龍神不動尊⇒MAP

「幸せの見立て ルーム」龍神不動尊 ?藤直秀

※お見立ては、ご予約制になっております。
 お見立て料(観定)15000円(お一人様90分)
電話  090-1688-3383
メール jikisyuu@docomo.ne.jp




ルーツを見つめ直す・・・お盆先祖供養祭

 
苔だま 頼藤直秀

お盆先祖供養祭開催


■日時:8月1日(水曜日)
    13時30分より
■場所:龍神不動尊に於いて



毎日暑い日が続いていますが如何お過ごしですか。
龍神不動尊において恒例の先祖供養祭を行います。

この世に生きる私たちは、
さかのぼる事、多くのご先祖様の力により
守られ、生かされているのです。
その絆を感じ自分の生きる活力にする・・・


そして、感謝の誠を捧げる月がお盆の行事です。


皆さんもご承知の通り先祖供養とは自分の肉親の供養です。
しかし、お盆には施餓鬼供養と言うお祭りもします。
施餓鬼供養とは、無縁の仏様に供物を捧げ
お祭りすると言う事です。
これが、慈悲の心の現われです。

ご先祖も喜び
また、施しを与えられた無縁の仏も感謝する。
そして、現世にいる私たちも徳を積むことになるんです。

これが、先祖供養、施餓鬼供養の意義です。

当日は、提灯を灯し、ご先祖の御霊をお迎えして
沢山の供物を捧げ供養致します。

■手厚い供養をされたい方は
 燈籠供養と言って志の精霊に提灯を灯し供養致します。
 その際は、お盆提灯を龍神不動尊までお送り下さい。     
 ご寶前に戒名、家名を書いた札を提灯に貼って供養致します。
 初盆を迎える方、手厚い供養をお望みの方
 先祖供養、水子供養を改めてしっかりと行いたい方など・・・
 詳しい事はメールにてご相談下さい。

燈籠祈願祭 頼藤直秀

龍神不動尊では、施餓鬼供養の水向け塔婆で
ご先祖、三界萬霊の供養を致します。


水向け施餓鬼塔婆
(水向け塔婆は縁日ご参拝の方に無料で差し上げます)
「お盆施餓鬼供養 塔婆」龍神不動尊

そして、その後先祖供養祭を行います。
先祖供養祭は先祖供養塔婆に戒名、家名を書いて
龍神不動尊ご寶前で
ご供養致します。
塔婆は8月28日までお祀りして28日の護摩供養にて
お焚き上げ致します。


先祖供養塔婆  一本3000円
「お盆 先祖供養 塔婆」龍神不動尊

当日、縁日にご参拝できない方は、
下記までメールにてご連絡下さい。
戒名、家名をお知らせ下さい。
また、施主のお名前もお知らせ下さい。


■申し込み&お問合せ 頼藤直秀まで
 電話:090-1688-3383
メール:jikisyuu@docomo.ne.jp

合掌



龍神水霊に祈りを・・・ 夏越祈祷祭

 DSC01857.JPG
龍神不動尊 夏越祈祷

来月の縁日は夏越祈祷祭を行います。
7月1日(日曜日)13時30分より
龍神不動尊において
行います。

■夏越祈祷とは■


人形(ひとがた)に息を吹いて
この半年間の罪穢れを移します。
人形は作法にのっとり一枚ずつ作成します。

清水には浄化の力を祈祷しています。
そして、自ら清水に浮かべて頂き祈ります。

暑い夏が無事越せますように・・・
願いが成就しますように・・・


「高松・讃岐散策」頼藤直秀

夏越祈祷龍神不動明王の御告げで本年より
開催する運びとなりました。

多くの方にこの仏縁を受けて頂き
暑い夏が無事に越せて心願成就しますように。

合掌


真霊観士 頼藤直秀(よりふじ じきしゅう)
プロフィール

幸せへの見立て 1万5千円 (お1人様90分) 
完全予約制ですので下記の携帯かメールにご連絡下さい。
お問合せ等はメールで頂けますと幸いです。


電話  090-1688-3383
メール jikisyuu@docomo.ne.jp


幸運への導き願い叶う・・・五月

「菖蒲」 頼藤直秀

龍神不動尊5月の縁日は
5月1日(火曜日)午後1時30分より行います。

占い、神ごとでは正、五、九の月は一年で
最も大切な月です。


不思議な事にこの月に祈願した事は
成就が早いとも言われています。

特に良縁祈願、子授け、安産祈願、商売繁盛などは
絶大なお蔭が龍神不動明王から頂けます。

当日は、線香護摩祈祷を行い皆様の心願成就を願います。


頼藤直秀

どなた様もご自由にご参拝下さい。

また、金神さまと言って土地を守って頂いている
神様がおられます。
荒々しい神様ですが、一家の者を何事も
無いようにと日々見守っておられる神様です。

「6月の後楽園」頼藤直秀

このような月に土地の神、金神様に
手を合わせ日々のお礼を言う事も必要ですね。

その神様は家の屋敷をぐるぐる巡られています。
巡り金神、屋敷金神とも言われます。
(地方、習慣によっても違いがあるかも知れません)

一月は北、二月は東、三月は南、四月は西
五月は北、六月は東、七月は南、八月は西
九月は北、十月は東、十一月は南、十二月は西
このように、巡られておられます。

上に書いたように、一月、五月、九月は
北の位置に金神様がおられます。
また、北に位置する時は始まりの月
という考え方もあります。

前月までの色々な厄難事、悲しかった出来事
この五月でリセットして後に引かないよう
新たな、出発をしましょう。

「さわさわ」頼藤直秀

新緑の風薫る五月、
皆さんは何を龍神不動明王に願いますか・・・・・

合掌


真霊観士 頼藤直秀(よりふじ じきしゅう)
プロフィール

幸せへの見立て 1万5千円 (お1人様1時間)
ご予約・お申込みはコチラ→