<< つまみ食い・・・ | main | 縁という響きが好きで・・・ >>

特別があっても・・・

DSC_7956[1].JPG

 

 

[在る事に目を向ける]

 

 

 

いま、在る事に目を向けて

 

掴めない存在に捉われる

 

必要はないと思うんです。

 

 

 

 

不思議とか神秘とか奇跡とか神とか・・・

 

こんなフレーズをよく聞きます。

 

確かに全てが否定ではないけど

 

何でもそこに結びつける必要もないのでは?

 

 

 

 

不思議や神秘、神に結ぶんでなく

 

それが「ごく普通の中で感じる」ことが

 

普通のような気がするんです。

 

 

 

 

旅行に行くと楽しい

 

きれいな景色に触れると美しい

 

自然に触れると清々しい

 

美味しい物を食べると美味しい

 

美味しいお酒を飲むと気分がいい・・・

 

「在るものそのままの気持ちや感覚」

 

受け止めることが大切ですよね。

 

 

 

 

この仕事をしてると神秘や不思議に

 

遭遇することも確かにあります。

 

それは全て「在るもの」からの流れ。

 

降って湧いたように神様や仏様が

 

乗り移るんではないんです。

 

「前世そして先祖から子孫へと・・・」

 

 

 

 

神ごとに携わる僕が言うのもですけど・・・

 

自分がすごいパワーを持ってるとか

 

見えるとか聞こえるとか・・・

 

高次な自分や私である事が特質?のように

 

勘違いの人もいるんでは・・・?

 

 

 

 

要は・・・難しく考えなくても

 

「自分の大切なものは何か」

 

その人やその事と共に・・・

 

「楽しく、ゆるく、相手を自分を受け入れる」

 

特別じゃないそんな日々が

 

きっと普通なんだと思うんです。

 

「僕のスピリチュアルとはの思い」でした。

 

 

 

今日もよいご縁をありがとうございます。

 

合掌