<< 心霊現象のこと | main | 因縁の繋がりの中で >>

メリ子とのお別れ

DSC_9002[1].JPG

梅の花から桜の花へ花から花へと
春のバトンを繋ぐこの季節
皆さんに可愛がられたメリ子
3月12日の早朝に旅立って行きました。
メリ子も皆さんに可愛がられて
6歳のお誕生日を2月6日に迎えてから
一ヶ月ちょっとでした。
昨年10月頃から一進一退の病状で
いつお別れがあるか分からない状況で
覚悟はしていてもまた元気になって
遊んだりしてたんですけどね…
生き物にあんまり興味がなかった僕が
初めて飼った猫ちゃんがメリ子でした。
生まれて二ヶ月ぐらいのまだ小さな時に
奈良のお母ちゃんの所にお迎えに行って
帰った瞬間に子猫なのに
ちょっと背の高い椅子にジャンプしたり
ベットに潜り込んできたり(笑)
時にはマンションの6階から8階まで
逃亡して8階のマンションの縁を
堂々と歩いていてあわや転落(@_@)
冷や汗😅も何度かあったりと
そんな、やんちやなメリ子でした(笑)
皆さんからはメリ子先生と呼ばれて
撫で撫で(^_^)可愛がられて
特に僕が可愛いな〜と思う瞬間は
祭壇の鐘を鳴らすと声を上げてスリスリ
一緒に拝んで神ごと猫ちゃんでした!
マンションでの奥さん主宰の講座では
いつも出て来てうろうろ邪魔をする(笑)
でも、なぜか寂しそうな人や
考えて悩んでる人には寄り添って
講座の中なのに膝の上で寝てる(笑)
優しいメリ子先生でした。
お風呂番も😌♨大好きな仕事
お湯入ると呼び出しボタンも押してくれる
お客さん来ていても時に間髪入れず
突然お風呂の呼び出しボタンを押して
その場の空気をぱっと変えてしまう(笑)
そんな、人の気持ちもわかるのかの?
そんなメリ子ちゃんでした。
子供がいない僕にとっては
子供のようなメリ子でした🐱
親バカ、猫バカなお父ちゃんでした(^_^)
思い出は尽きないけど…
これも諸行無常。
元気でもう少し楽しく暮らしたいな〜と
できたら自分が死に行く時に
送ってもらいたいな〜
思ってみても所詮無理ですけどね…
そんな、わがまま思ったりしてました(笑)
とは言え…誰もが通るお別れの道。
好きなプリンを食べて腹ごしらえ!
ペットが逝くとこんなにも寂しいのか…
今はそんな気持ちでいっぱいです。
調子が悪くなってからもカメラ向けると
カメラ目線でみてくれて可愛かったです。
こんな話をブログで綴るのもと思ったけど
皆さんに「メリちゃん!メリちゃん」と
可愛がられた子です。
そして皆さんからも
メリ子には一杯の愛情を注いでくれて
ありがとうございました✨
可愛がられて
皆さんからブラッシングしてもらったり
撫で撫でしてもらったりする
メリ子見るのが本当に僕は嬉しかったです。
またメリ子に会いに来てやってくださいね!
そして、これからはちょっと人見知り🐱
りゅうくんが待ってます〜(^_^)
これからも宜しくお願いします!
尽きぬ思い出を長々と読んでくれて
ありがとうございます🍀
合掌