流れに進まず・・・

岩井滝  頼藤直秀

 

 

[流れ・・・]

 

 

僕は「流れを・・・」

 

この言葉が好きなんです。

 

流れは自分で作るものでもなく。

 

自力で進むものでもなく・・・。

 

自然体なんです。

 

 

 

水の流れに手を入れてみると

 

冷たさや勢いもわかりますよね。

 

でもその流れをたどろうとすると・・・

 

険しい道のりかもですよね!

 

 

 

気持ちに余裕がなかったり

 

物事に対して強いプライドや反発心

 

「どうにかしよう!」必死にもがいて

 

「流れに進んで行こう」とすると

 

途中で行く道を見失う時もあるんです。

 

 

 

「流れは・・・自然体」

 

「進むことは・・・自力」

 

流れに乗ろうと思う時には

 

少し「自力を緩める」事も大切かもです!

 

 

そこには、家族や夫婦。

 

繋がりある仲間や友達の力。

 

そして・・・

 

目に見えない自然の力も大きいかも!

 

 

 

書く事や思うことは簡単ですけど

 

いざ、この思いにとなると・・・

 

自分でも焦ってる時は忘れてますから(笑)

 

清らかな流れを見た時にでも

 

思い出してくれたら幸いです!

 

 

今日もよいご縁をありがとうございます。

 

合掌


お弟子さんは・・・

DSC_5846[1].JPG

 

 

[お弟子さんは・・・]

 

 

 

学びという観点からお弟子さんが

 

たくさんおられる方とお話して・・・

 

「先生はお弟子はいないんですか?」

 

そんな事を聞かれました。

 

 

 

僕に跡継ぎはいないから神ごとを

 

お弟子さんに教え伝えて後に繋げるのが

 

大切と思った時期もありましたけど・・・

 

今は「いないですよ・・・と」答えました!

 

 

 

神ごとは・・・学びじゃないから

 

「何かを追い求めて掴んでも」

 

また・・・

 

「次の道に何かを追い求めて疾走する」

 

最近の傾向で・・・「追いかける学び」

 

好きな人が多いですからね〜(笑)

 

 

 

「神ごとの自由さ・・・」

 

僕がその事を教え、伝えることに

 

弟子という関わりは必要なかったんです。

 

そこに気付いた時にすぐ解消したんです(笑)

 

 

 

でもこうして好きな皆さんに恵まれ、

 

嫌いな人もいますけどね・・・(笑)

 

これこそがお互いの・・・

 

自由、素直な思いだと信じて

 

「繋がりからの学び」を頂いてます。

 

僕の大切な「神ごと」の素晴らしい所ですね!

 

 

今日もよいご縁をありがとうございます。

 

合掌


裏側も見ることで・・・

DSC_5889[1].JPG

 

 

 

[裏側も見る]

 

 

表だけ見て美しいは誰でも思うこと。

 

でも・・・「裏側も見て」

 

聞いて感じる美しさや思い

 

優しさや発見も必要なんですね。

 

 

 

そこにある・・・

 

「自分の目に見える部分」だけが

 

「自分の目に映ってる」と思います。

 

解決の糸口は裏にあるかもしれない?

 

 

 

「裏をみる事」

 

僕の仕事は時に裏の裏、奥の奥・・・

 

目に見えない世界を覗く時あるんです(笑)

 

実際に体験したり、相談を受けて

 

その場所や家や土地に行って

 

長年、裏に隠れた部分に光をあてる。

 

その時、今・・・

 

流れができてる時に起こる現象は

 

「その流れに乗せる事でよい方向にいく」

 

 

 

だからその事態に出逢う事は必然であり

 

「流れは確実に成果を運んでくれる・・・」

 

いつも自画自賛しながら取り組んでます!

 

だから・・・変わり者なんです(笑)

 

 

今日もよいご縁をありがとうございます。

 

合掌


月日は流れて・・・

杉木立  頼藤直秀

 

 

 

[月日は流れて・・・]

 

 

生まれ育ち苦楽を共にしてきた家。

 

男三人兄弟がが育った思い出の家。

 

両親も亡くなり空き家にして5年。

 

その家の解体のご祈祷がありました。

 

 

 

「空き家にしてから良い事がないんです」

 

奥さんが原因不明の病気になったり

 

会社も仕事も家庭も・・・

 

「月日を経て伝えることがあるんでは?」

 

このように言われて来られました。

 

 

 

家も土地も生き物ですからね〜

 

住んでいた証が生きてる証。

 

今の自分はそこから始まった事を

 

忘れてはだめかもしれませんよね。

 

「自分の始まりルーツ」

 

切っても切れない繋がりがあるんですね。

 

 

 

この家は解体にあたって・・・

 

いろんな思い出を振り返りながら

 

ご祈祷とお祓い、神棚や仏壇、

 

井戸、台所、トイレやお風呂の水周り

 

全ての部屋へ感謝の祈りを行いました。

 

 

 

親戚や家族が揃って笑いと涙で

 

「育った家の最後の祈り」

 

目に見えない繋がり・・・その日から

 

新たに結べたように感じました!

 

 

 

新築の家相や土地の話と同じくらい

 

田舎の家の解体の話も最近おおいです。

 

こんな話が気になる方は

 

フェースブックメッセンジャーから

 

観定のご予約頂けたら幸いです。

 

 

今日もよいご縁ありがとうございます。

 

 

合掌


おかげさまの循環

菖蒲の花  頼藤直秀

 

 

[成功をする人は]

 

 

続いているその道に乗せてもらう事で

 

今に勢いを付けていく。

 

神様や仏様やご先祖さまを

 

ある一定の宗教観という位置でなく

 

大切にしてる人が多いです!

 

普通の家庭でも同じことなんですが

 

最近は新しい開業のお話が多いので

 

今日はビジネスに特化して書いてみます。

 

 

 

意外と皆さん見落としてる所なんですね!

 

だから観定に来られても

 

「事業や人との関わり」「家族の関わり」

 

何かしら不都合になって来たときに

 

「神棚をお祀りした方がいいかな〜」

 

相談に来られる方がおおいですね。

 

それも・・・3〜4年目ぐらいの時期に。

 

 

 

神様が幸せを降らす訳ではないです(笑)

 

「目に見えない所への感謝」

 

自分しか見えてなかった事に気づく事。

 

そこから、お客様や社員、その家族・・・

 

広く全体を見通して「おかげさま」

 

在り続いてる感謝が生まれ事業、商売、

 

人との繋がりを生んで循環される。

 

それが「成功する」に繋がっていくんです。

 

 

 

ビジネスとか起業とか・・・

 

目の色変えて取り組む人もいますけど

 

その多くは失敗しているんです。

 

でも、信じる、信じないは別として

 

「目に見えない一番偉い頼れる存在」

 

そして・・・

 

「幸せのつながりを確かめれる場所」

 

空気のように目には見えないけど

 

必要な存在であってほしいですよね!

 

「よい方向に進んでるんですよ!」

 

そう聞くと僕もうれしい限りです。

 

 

今日もよいご縁をありがとうございます。

 

合掌