プロフィール
頼藤 直秀
頼藤 直秀(よりふじ じきししゅう)

岡山市東区西大寺出身。
戦前からある理髪店の次男として
1974年昭和49年に生を受ける。
幼い時から、神仏の事に興味を持ち始める。
神社仏閣等の参拝をよくする子供であった。

20代のある日、原因不明の病気にかかる。
自分がよくお参りしていた拝み手のおばあさん行者
(後のわが師僧)よりお不動様からの御告げを受ける。

師僧の御告げにより
先祖も修験道行者であったことを知る。
その後、御告げのままに自宅の屋根裏より
仏像数体と法具を手にする。
見えない世界からのメッセージの不思議を
身を持って体験する。

これを機に、霊障も無事完治する。

目には見えない神仏の導きにより、
霊能的な力を得る。

師僧の不動明王からの御告げは、
お前は行者になって先祖の後を継ぎ
人を幸せへと導く事が使命である・・・

その言葉を告げて一週間後、師僧は天寿100歳で遷化する。

頼藤直秀は修験行者として修行中である。

現在、中国地方を中心に、関東各県からの
多くの方の見立て(セラピー・カウンセリング)を
行っております。


■所在地
〒704-8192
岡山県岡山市東区西大寺中野本町
「縁庵(ゆくりあん)」龍神不動尊

問合せはコチラ→